日本から世界へ 海外90か国にて普及されているキネシオテーピング療法。病院や治療院の現場、また世界各国のオリンピックをはじめ教育機関などで数多く活躍しています。
商品の紹介・購入
講座情報
資格・試験
専門講座
会員サービス
テーピングの貼り方
治療院検索
協会について
講座情報・試験情報

RSS講座情報

2018/07/16 開催
講座情報基礎講座 東北
2018/07/29 開催
講座情報部位別(1)講座 東北
2018/07/07 開催
講座情報企画講座・特別講座 東北
2018/07/22 開催
講座情報部位別(1)講座 東北
2018/07/16 開催
講座情報企画講座・特別講座 九州

キネシオテーピング協会概要

キネシオテーピング協会概要

キネシオテーピング協会は、1984年に設立され、正しいキネシオテーピング療法の教育・指導法の普及、CKTI(指導員)の育成、学術大会の開催などを行っている世界で唯一の団体。
キネシオテーピング療法はスポーツ現場だけでなく、病院や治療院の現場で予防医療、急性・慢性疾患の治療やリハビリテーションなどで広く使われている。このほとんどが協会の会員である。

現在キネシオテーピング療法は、日本国内7支部、海外90か国にて普及されている。
協会が認定しているキネシオテーピングCKTI(指導員)は、世界各国のオリンピックをはじめとしたプロ・アマチュア競技、大学、専門学校の教育機関や治療の現場などで数多く活躍している。協会はその活動を支えています。