キネシオテーピング講座情報 症状別

症状別テープ(コレクションテクニック)講座会員 資格

筋肉以外に起因する障害に対するテーピングを学びます。(靭帯、腱、筋膜、リンパ等)

筋肉に対するテープは張力をかけずに貼りますが、12種類のコレクションテクニックでは目的に応じて張力をかけながらテープを機能させていきます。
基本となるコレクションテクニックを使って様々な障害やその症状に対するテーピングを実習していきます。
テープの貼付に際して器質的な障害に対しては整形外科テストを行い、また、視診、触診によって体表面の見立てを行っていきます。

タイムテーブルの一例

※講師によって講座の進め方は変わる場合があります。
※貼付するテープはテキストの中から必要な順に選択する場合があります。
時間 内容 テープの貼付
10:00~10:20整形外科テストについて整形外科テスト方法、体表面からの見立て
10:20~12:00コレクションテクニック機械的コレクション(Y字1型、Y字2型、I字型)
筋膜コレクション
筋・筋膜保持コレクション
狭間コレクション(I字、穴あき、短冊)
靭帯コレクション
腱コレクション
機能的コレクション
リンパコレクション
12:00~12:40頚椎症、頸肩腕症候群、肩鎖関節の損傷、
インピンジメント
12:40~13:40昼休み
13:40~14:40コレクションテクニック上腕二頭筋長頭腱炎、肘の内側側副靭帯損傷、外側上顆炎、テニス肘、野球肘、尺骨神経痛
14:40~16:40脊椎分離・すべり症、筋・筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、仙腸関節炎、大転子の痛み、腸脛靭帯炎、前十字靭帯損傷、オスグッドシュライダー、(半月板損傷)、ジャンパー膝、鵞足炎、膝の側副靭帯損傷(内側・外側)、外反母趾、足底筋膜炎
16:40~17:30顎関節症、三叉神経痛、肋間神経痛、自律神経失調症、鼻づまり、喉の痛み、胃もたれ、腹部痛、季肋部の痛み
日 時 地 域 会場名 定 員 申込受付状態
このページのTOPに戻る